[C#]substringで文字数が足りない!エラー回避方法について

[C#]substringで文字数が足りない!エラー回避方法についてC#
広告

C#において文字列を部分的に切り出す際にSubstringメソッドを使用しますが

時には文字数が足りない場合にエラーが発生することがあります。

この記事ではそのエラーを回避しさらに例外処理を組み合わせる方法について解説します。

広告

Substringメソッドの基本的な使い方

まず、Substringメソッドの基本的な使い方を確認しましょう。

このメソッドは指定した位置から指定した文字数分の部分文字列を取得します。

string originalString = "Hello, World!";
string subString = originalString.Substring(7, 5); // "World"

上記の例では、originalStringから7番目の位置から始まり5文字分の部分文字列を取得しています。

文字数が足りない場合のエラー

しかし、もし指定した位置から指定した文字数分の文字列が元の文字列の範囲を超えてしまうと、ArgumentOutOfRangeExceptionが発生します。

string originalString = "Hello, World!";
string subString = originalString.Substring(12, 10); // エラー

この場合、12番目の位置から始まる10文字分の文字列は存在しないためエラーが発生します。

広告

文字数を範囲内に収めて回避する

エラーを回避するためには元の文字列の長さを確認し指定した位置からの文字数が範囲内に収まるようにする必要があります。

以下はその方法です。

string originalString = "Hello, World!";
int startIndex = 12;
int length = Math.Min(10, originalString.Length - startIndex);
string subString = originalString.Substring(startIndex, length);

このようにMath.Minメソッドを使用して指定した位置から指定した文字数を元の文字列の範囲内に収めることができます。

例外処理でエラー回避する

エラーを回避するためには元の文字列の長さを確認し指定した位置からの文字数が範囲内に収まるようにします。

さらに例外処理を組み合わせてエラーが発生した場合に適切な処理を行います。

string originalString = "Hello, World!";
int startIndex = 12;
int length = 10;

try
{
    // 文字列を切り出し
    string subString = originalString.Substring(startIndex, length);
    Console.WriteLine(subString);
}
catch (ArgumentOutOfRangeException)
{
    // エラーが発生した場合の処理
    Console.WriteLine("指定した範囲が文字列の長さを超えています。");
}

このように、try-catchブロックを使用して例外処理を行います。

エラーが発生した場合にはエラーメッセージを表示するか他の処理を追加してください。

広告

まとめ

C#でSubstringメソッドを使用する際には例外処理を組み合わせてエラーを回避することが重要です。

適切な例外処理を行うことでプログラムの安定性を向上させることができます。

是非、これらのテクニックを活かしてプログラミングを進めてみてください。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました