[C#]文字列のシングルクォーテーションとダブルクォーテーションの違い

アイキャッチC#
広告

C#において、文字列を表現する際にシングルクォーテーション(’)とダブルクォーテーション(”)は異なる役割を果たします。

本記事では、初心者向けにC#におけるシングルクォーテーションとダブルクォーテーションの違いについて解説します。

これにより、正しい文法の使い分けを理解し、効果的なプログラミングができるようになります。

広告

シングルクォーテーションとダブルクォーテーション違い

文字と文字列の違い
  • シングルクォーテーション: 1文字を表す。
  • ダブルクォーテーション: 複数の文字からなる文字列を表す。
データ型の違い
  • シングルクォーテーション: char型。
  • ダブルクォーテーション: string型。
注意点

シングルクォーテーションで囲まれた文字は必ず1文字である必要があり、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は0文字以上の文字を含むことが可能なので注意しましょう。

シングルクォーテーション(’)で囲まれた文字

C#において、シングルクォーテーションで囲まれた文字は、文字リテラル(character literal)として扱われます。

char myChar = 'A';

上記の例では、'A'は文字リテラルで、変数myCharには1文字の’A’が代入されます。

広告

ダブルクォーテーション(”)で囲まれた文字列

ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は、文字列リテラル(string literal)として扱われます。

string myString = "Hello, World!";

この例では、"Hello, World!"は文字列リテラルで、変数myStringにはこの文字列が代入されます。

まとめ

まとめ

この記事では、C#におけるシングルクォーテーションとダブルクォーテーションの違いについて解説しました。

シングルクォーテーションは1文字を、ダブルクォーテーションは複数の文字からなる文字列を表します。

正しいコンテキストで適切に使用することで、プログラムの記述がより効果的になります。

初心者の方もぜひ実際のコードで試してみてください。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました