[C#]文字列のヌル文字を削除!NULL文字変換やbyte配列のnull削除についても

画像C#
広告

C#において、文字列の取り扱いはプログラミングにおいて重要な要素の一つです。

本記事では、C#の文字列に含まれるNULL文字を効果的に取り扱う方法について解説いたします。

初心者でも理解しやすいように、具体的なコード例と共に簡潔に説明します。

広告

文字列のnull文字とは何か

C#においてNULL文字は、’\0’と表現され、文字列の終端を示す制御文字です。

しかし、時にはこれを取り除いたり、他の文字に変換したりする必要があります。

以下ではその方法について詳しく説明します。

NULL(ヌル)文字の削除方法

文字列からNULL文字を削除するには、String.TrimEnd(‘\0’)を利用します。

以下は基本的な使用例です。

string originalString = "Hello World!
string originalString = "Hello World!\0";
string stringWithoutNull = originalString.TrimEnd('\0');
"; string stringWithoutNull = originalString.TrimEnd('
string originalString = "Hello World!\0";
string stringWithoutNull = originalString.TrimEnd('\0');
');

このコードでは、originalStringから右端にあるNULL文字を取り除いたstringWithoutNullが得られます。

広告

NULL(ヌル)文字の変換方法

NULL文字を他の文字に変換する場合、String.Replace(‘\0’, replacementChar)を使用します。

以下は具体的な例です。

string originalString = "Hello
string originalString = "Hello\0World!";
char replacementChar = '-';
string stringWithReplacement = originalString.Replace('\0', replacementChar);
World!"; char replacementChar = '-'; string stringWithReplacement = originalString.Replace('
string originalString = "Hello\0World!";
char replacementChar = '-';
string stringWithReplacement = originalString.Replace('\0', replacementChar);
', replacementChar);

このコードでは、originalString内のNULL文字がreplacementCharで指定した文字(例:‘-‘)に

置き換えられたstringWithReplacementが生成されます。

byte配列からのNULL文字の削除方法

以下は、byte配列からNULL文字(0x00)を削除する基本的な例文です。

byte[] originalByteArray = { 0x48, 0x65, 0x6C, 0x6C, 0x6F, 0x00, 0x57, 0x6F, 0x72, 0x6C, 0x64, 0x00, 0x21 };
List byteArrayWithoutNull = originalByteArray.ToList().Where(b => b != 0x00).ToList();
byte[] resultByteArray = byteArrayWithoutNull.ToArray();

このコードでは、originalByteArrayから0x00を削除し、新しいbyte配列 resultByteArrayを生成しています。

広告

まとめ

C#で文字列に含まれるNULL文字を取り扱う方法について解説しました。

TrimEndを使ってNULL文字を削除し、Replaceを使って他の文字に変換することができます。

これらのメソッドを活用して、文字列の処理をより効果的に行いましょう。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました