[C#]カンマ区切りや改行で文字列結合!joinやstringbuilderでの連結方法も

アイキャッチC#
広告

C#において、文字列を効率的に連結する方法には様々なアプローチがあります。

本記事では、主にJoinメソッドとStringBuilderクラスを用いた文字列の連結に焦点を当て、

それぞれの特徴と利用方法について解説します。初心者の方でもわかりやすく、効率的な文字列の操作方法を学びましょう。

広告

Joinメソッドでカンマ区切りの文字列結合

C#のstring.Joinメソッドは、指定した区切り文字で配列やコレクションの要素を連結するための便利なメソッドです。

// 配列の要素をカンマで連結
string[] fruits = { "りんご", "ばなな", "いちご", "ぶどう" };
string result1 = string.Join(",", fruits);

Console.WriteLine($"連結結果: {result1}");
//連結結果:りんご,ばなな,いちご,ぶどう

改行での文字列結合する方法

Joinメソッドは、文字列配列を指定した区切り文字で連結するためのメソッドです。

改行で連結する場合は、改行文字を区切り文字に指定します。

string[] lines = { "これは", "Joinメソッドを", "利用して", "改行で連結した", "文字列です。" };

string result = string.Join(Environment.NewLine, lines);

Console.WriteLine(result);
//連結結果:
これは 
Joinメソッドを 
利用して 
改行で連結した 
文字列です。
広告

StringBuilderクラスを使った文字列の連結

StringBuilderクラスは、文字列の変更や連結が頻繁に行われる場合に効率的な方法です。

ここでは文字列の末尾に改行を追加して連結した方法を紹介します。

  • Appendメソッド: 指定した書式に従って文字列を追加します。
  • AppendLineメソッド: 文字列を追加し、同時に新しい行に移動します。
// StringBuilderを使って改行で連結
StringBuilder sb = new StringBuilder();
sb.AppendLine("C#で");
sb.AppendLine("StringBuilderを");
sb.AppendLine("使った");
sb.AppendLine("文字列の連結");

string result2 = sb.ToString();

Console.WriteLine($"連結結果:{result2}");

//連結結果:
C#で
StringBuilderを
使った
文字列の連結

StringBuilder同士連結方法

StringBuilderクラスのAppendメソッドを使用して、別のStringBuilderの内容を追加できます。

StringBuilder sb1 = new StringBuilder("Hello, ");
StringBuilder sb2 = new StringBuilder("C#!");

sb1.Append(sb2.ToString());

Console.WriteLine(sb1.ToString());
//結果:Hello, C#!
広告

まとめ

まとめ

  • string.Joinメソッドは、配列やコレクションの要素を指定した区切り文字で連結する際に便利です。
  • StringBuilderクラスは、文字列の変更が頻繁に行われる場合や大量の文字列を連結する場合に効率的な方法を提供します。

文字列の連結には使用状況に応じて適切な方法を選択しましょう。

これにより、プログラムのパフォーマンス向上やメモリの効率的な利用が期待できます。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました