[C#]for文を後ろから順番に処理する!最後から逆順でループさせる方法

アイキャッチC#
広告

C#のfor文は、通常は指定された回数だけ処理を先頭から順番に実行しますが、

時には後ろから逆順で処理を行いたい場合があります。

この記事では、C#でfor文を使用して後ろからループ処理を行う方法について解説します。

広告

for文を後ろから順番に処理する

通常のfor文では、初期化式、条件式、更新式の順番で処理が進み、

先頭から末尾にかけて繰り返し処理が行われます。

しかし、後ろから順番に処理するには、初期化式、条件式、更新式を逆順に設定することがポイントです。

以下は、後ろから順番に処理するためのfor文の例です。

for (int i = array.Length - 1; i >= 0; i--)
{
    // 後ろから順番に処理するコード
    Console.WriteLine($"要素 {i}: {array[i]}");
}

この例では、iの初期値を配列の末尾のインデックスに設定し、

条件式ではiが0以上の間繰り返すようにしています。

更新式ではi–とし、1ずつ減少させながら後ろから順番に処理を行います。

実例で最後から逆順でループさせる

具体的な使用例として、整数型の配列を後ろから順番に出力するプログラムを考えてみましょう。

class Program
{
    static void Main()
    {
        int[] numbers = { 10, 20, 30, 40, 50 };

        Console.WriteLine("配列の後ろから順番に出力:");

        for (int i = numbers.Length - 1; i >= 0; i--)
        {
            Console.WriteLine($"要素 {i}: {numbers[i]}");
        }
    }
}

このプログラムを実行すると、配列の後ろから順番に要素が表示されます。

広告

まとめ

まとめ

C#のfor文を使用して後ろからループ処理を行うには、

初期化式、条件式、更新式を適切に設定することがポイントです。

上記の例を参考に、具体的な処理に応じて柔軟にfor文を活用してください。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました