[C#]文字列でのアットマーク(@)やダブルクォーテーションの意味について

画像C#
スポンサーリンク

C#において、文字列を表現する際にアットマーク(@)やダブルクォーテーション(”)は特別な意味を持ちます。

本記事では、初心者向けにC#におけるアットマークとダブルクォーテーションの使い方と意味について解説します。

正確な理解により、効果的かつ安全なコーディングが可能となります。

広告

アットマーク(@)を使った文字列

アットマーク(@)を文字列の前に付けることで、エスケープシーケンスを無効化し、そのままの文字列を表現できます。

string path =@"C:\Users\UserName\Documents";

上記の例では、アットマークを使うことで、バックスラッシュ(\)をエスケープせずにそのままの形で文字列に含めています。

これにより、パスなどの特殊文字を含む文字列を簡潔に表現できます。

ダブルクォーテーション(”)を使った文字列

ダブルクォーテーションは、通常の文字列リテラルを表現するために使用されます。

ダブルクォーテーションでくくられた部分が文字列として扱われます。

string message ="Hello, C#!";

この例では、”Hello, C#!”が文字列となり、変数messageに代入されます。

広告

アットマーク(@)とダブルクォーテーション(”)の併用

アットマークとダブルクォーテーションを併用することも可能です。

これにより、エスケープの必要のない文字列を簡潔に表現できます。

string message =@"This is a ""quoted"" message.";

この例では、アットマークを使うことでダブルクォーテーションをエスケープする必要がなくなり、読みやすいコードが実現できます。

まとめ

この記事では、C#におけるアットマーク(@)とダブルクォーテーション(“)の意味と使い方について解説しました。

アットマークはエスケープシーケンスを無効化し、ダブルクォーテーションは文字列リテラルを表現します。

これらを適切に使用することで、特殊文字を含む文字列や引用符を使った文字列を効果的に取り扱うことができます。

初心者の方もぜひ実際のコードで試してみてください。

スポンサーリンク

プログラミングを本気で学びたい方へ

プログラミングは専門性が手に職が付く仕事です。

ある程度学習に時間をかけることも大切ですが、スピード間も重要で壁にぶつかったときにに助けてもらえる環境があるかどうかでほかの人との差が大きく生まれます。

まずは、無料でオンラインスクールの体験レッスンや無料相談に参加しましょう。

未経験から挑戦するなら「忍者CODE」

忍者CODEでは「未経験からプロを目指せるスクール」とだけあって、転職サポートはもちろんですがエンジニアとして個人で活躍できる案件保証がついたコースもあります。また学生や独学で学んでいる方向けに基礎から学べるコースもあり、未経験から始めやすいプログラミングスクール【忍者CODE】となってます。

忍者CODEでは無料でWeb制作やプログラミングを体験をすることができるので、気になっている方はまずは体験してから考えてみてはいかがでしょうか。

転職を視野に入れて挑戦するなら「WEBCAMP」

WEBCAMPは忍者CODEに比べて学習から転職までのカリキュラムがしっかり組まれており、転職保証や返金保証もあるスクールです。転職を視野にいれて学んでいきたいと考えている方は【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

WEBCAMPでも無料でカウンセリングを受けることができるので、一度学習言語についてやスケジュール感について聞いてみてはいかがでしょうか。

C#
ガマくんをフォローする
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました