[VB.net]数値から文字列へ桁数指定!ToStringで0埋めや空白対応についても

[VB.net]数値から文字列へ桁数指定!ToStringで0埋めや空白対応についてもVB.net
広告

VB.netにおいて数値を文字列に変換する際に桁数を指定する方法は非常に重要です。

この記事ではToStringメソッドを利用して数値から文字列への変換を行う際に、

桁数指定や0埋め空白対応に焦点を当て、初心者にもわかりやすく解説します。

広告

VB.netでのToStringメソッドの基本

ToStringメソッドはオブジェクトを文字列に変換するためのメソッドです。

数値を文字列に変換する際にもよく使用されます。

Dim number As Integer = 123
Dim strNumber As String = number.ToString()

このコードでは整数型のnumberToStringメソッドを使って文字列型に変換しています。

ToStringの桁数指定

数値を文字列に変換する際に桁数を指定することで出力される文字列の桁数を制御できます。

Dim number As Integer = 42
Dim strNumber As String = number.ToString("D5")

この例ではD5を指定することで数値を5桁の文字列に変換しています。

広告

数値から文字列へ変換し0埋めする

桁数指定と組み合わせて数値が指定した桁数に満たない場合に0で埋めることができます。

Dim number As Integer = 7
Dim strNumber As String = number.ToString("D3")

この場合数値7が3桁の文字列に変換され

結果は”007″となります。

空白対応

数値を文字列に変換する際に空白を埋めて桁数を調整することもできます。

Dim number As Integer = 123
Dim strNumber As String = number.ToString(" 000")

この例では、数値123を3桁の文字列に変換し空白を埋めています。

結果は” 123″となります。

ガマコちゃん
ガマコちゃん

文字列が数値か判定し変換する方法について以下記事で紹介しているよ

[VB.net]文字列を数値か判定し変換抽出!IntやString混在配列の入替についても
VB.netプログラミングにおいて文字列と数値の変換は非常に重要です。本記事ではVB.netにおける文字列を数値に判定しまた数値を文字列に変換する方法に焦点を当てます。さらに、Int型とString型が混在する配列での要素の入替えについても解説します。

 

広告

実践的な例

実際のケースとして時間や日付を表す際に秒や日を2桁表示し足りない桁には0を埋めることがあります。

Dim hours As Integer = 9
Dim minutes As Integer = 5
Dim seconds As Integer = 23

Dim formattedTime As String = $"{hours:D2}:{minutes:D2}:{seconds:D2}"

このコードでは、時間、分、秒を2桁表示し足りない桁には0を埋めています。

結果は”09:05:23″となります。

広告

まとめ

この記事ではVB.netにおいて数値から文字列への変換時に桁数指定や0埋め空白対応を行う方法について解説しました。

これらのテクニックを使って日常のプログラミングでより見やすく整形された文字列を作成することができます。

VB.netを使って数値を扱う際にはぜひこれらの方法を覚えて効率的なコーディングを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました