[VB.net]数値をselect-case文で範囲チェック!IF文の判定についても

[VB.net]数値をselect-case文で範囲チェック!IF文の判定についてもVB.net
広告

VB.netにおいて数値が特定の範囲に収まっているかどうかをチェックすることはプログラミングにおいて一般的です。

本記事ではIF文やSwitch文を使用して数値の範囲を判定する方法に焦点を当て、

初心者の方でも理解しやすいように解説します。

広告

数値をselect-case文で範囲チェックする

Dim number As Integer = 25

Select Case number
    Case 1 To 10
        Console.WriteLine("数値は1から10の範囲にあります。")
    Case 11 To 20
        Console.WriteLine("数値は11から20の範囲にあります。")
    Case 21 To 30
        Console.WriteLine("数値は21から30の範囲にあります。")
    Case Else
        Console.WriteLine("数値は指定の範囲外です。")
End Select

Select Case文を使用して数値が範囲内のどの区間に該当するかを判定しています。

Case節で範囲を指定しElse節はどの範囲にも該当しない場合の処理を記述します。

IF文で数値が範囲内にあるか判定する

Dim number As Integer = 15
Dim lowerLimit As Integer = 10
Dim upperLimit As Integer = 20

If number >= lowerLimit AndAlso number <= upperLimit Then
    Console.WriteLine("数値は指定の範囲内にあります。")
Else
    Console.WriteLine("数値は指定の範囲外です。")
End If

IF文を使用して数値が指定の範囲内にあるかどうかを判定しています。

AndAlso演算子は前後の条件が共にTrueの場合に全体がTrueとなります。

広告

まとめ

VB.netで数値の範囲をチェックする方法としてIF文やSwitch文を使用した基本的なコード例を紹介しました。

これらの方法を理解し使い分けることでプログラム内で数値の条件判定を行うことができます。

範囲チェックは様々なシーンで利用されるためぜひ自分のプログラムに取り入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました