杜の都仙台を”シンプル”に紹介する情報発信ブログ

風立ちぬ結核の菜穂子が外のベット寝るのはなぜ?昔の療養所では外で寝るのが治療法?

2019/04/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工事現場職から思い切ってIT企業に転職。現在は杜の都仙台でプログラマーをしながら情報発信ブログを運営。転職をきっかけにカフェを開く夢を持ち毎日楽しみながら生活している修行中プログラマーです。
詳しいプロフィールはこちら

今回は映画【風立ちぬ】の結核で重い病の菜穂子がなぜ外のベットで寝ていたのか紹介と、

昔の結核の患者はどのようにされていたのかについっても紹介していきたいと思います!

結核の菜穂子が外にベットで寝る理由は?

引用:https://i.imgur.com

なんで、あんな寒そうなところで寝ているの?

と思った方も多いのではないでしょうか?

昔の話なので結核の患者が多かったりそれ以外でも、医療や設備が発達していないので、患者が多かったから外にベットが用意されていたのかなと….

にしても患者も多く冬なのに可愛そうですよね。

芋虫みたいな寝袋ですし…

でも昔はこれが正規の治療法だったそうです。

結核の菌は紫外線に弱く太陽の光によって殺菌されるという治療法で、 昔は薬も設備も今のように整っていなかったので患者もやはり多かったそうで、

感染を避けるためにも、 外のキレイな空気を取り入れることによって、精神の安定や栄養の循環を良くするためにも行われていたんだそうです。

要するに、薬のない治療法を使ったみたいです!

治療法の名前や効果はあるの?

映画でも見られた外での治療は『気候治療』と言われており、もともとは外国で行われた治療なんだそうです。

気候治療は、太陽が当たる場所であればどこでも行えそうなイメージですが、寒冷地である場所(富士見高原)など自然の環境によっても効果が変わってくるんだそうです。

どちらにせよ病気があるのに寒いところで寝たくはないですが…笑

現在でもこの治療法が行われている国もあるそうですが、適した地形や気候などによっても重要みたいで、日本で本当に効果があった治療法なのかはさだかではありませんね…

菜穂子は毛布にくるまりながらもかなり寒そうな感じでしたし、逆に風邪や他の病にもかかりそうですよね…笑


療養所の外で寝るのが当たり前だった?

今回の一番気になる点は外で寝るのが当たり前だったのか気になりますよね。

昔はどのようにしていたのかまではわかりませんでしたが、外で寝るのは天気が治療法に合っている時だけなのではないかと思います。

だって、雨の日も風の日も雪の日もあんな場所にいたら死んでしまいますよね…笑

なので昼間の天候のいい日は外で感染をできるだけ防ぎ、夜は室内で体を休めるのではないかなと思います。

菜穂子自身、かなりのお金持ち一家だったのでお金をケチって安い外のベットにしたとは考えにくく、病院に行けることすら凄い裕福な家だったろうし…

なので外で寝るのは天気がいい時だけなのではないかと思います。

菜穂子の結核とはどんな病気だったの?

戦争が行われていた時代は”不治の病”と言われたほどで、感染したらほとんどの確率で死ぬと言われておりました。

現在では結核にかかっても感染力が弱ければなんともない病気になりましたが昔は特別な病気と言われてたそうです。

特別は特別でも昔の医療では治すことが難しい病気で、現在でも18秒に1人が死んでいる病だといわれていて多くの人の命を奪った病気でもあります。

結核の症状としては、約40度の高熱が何日も続き、肺に水が溜まったり…と何度も繰り返します。

映画でも見られましたが、昔は煙草を吸う方が多く85%の方が喫煙者だったそうです。

結核は煙草との組み合わせが悪く肺に悪影響があるため、せきなどにより感染する事が多く「咳をしても一人」という句ができたほど、危ない病気なんです。

聞くだけでも怖い病ですよね….

外では寝たくありませんが、他の人に感染させてしまうくらいならと考えてしまいます。

現在では隔離された環境で治療を受けるみたいですが長いと3ヶ月間も症状が続くんだそうです。

それを芋虫状態で耐えるのなんて想像できないですよね….

風立ちぬまとめ

◆外で寝るのは日光による殺菌治療が昔のやり方だったみたいです。

◆現在でも重い病で18秒に1人なくなっています。

◆現在では隔離された部屋での治療ですが、昔は外が当たり前だったそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

風立ちぬ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?

記事が参考になったという方は FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

この記事を書いている人 - WRITER -
工事現場職から思い切ってIT企業に転職。現在は杜の都仙台でプログラマーをしながら情報発信ブログを運営。転職をきっかけにカフェを開く夢を持ち毎日楽しみながら生活している修行中プログラマーです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© =もこもこイベント= , 2019 All Rights Reserved.