BootstrapStudioのメリットデメリットについて紹介!無料版についても

画像Bootstrap
広告

Web開発において、Bootstrapは広く利用されているフレームワークの一つです。

この記事では、Bootstrapのメリットとデメリットについて解説します。

初心者にもわかりやすく、Bootstrapの特徴を理解して効果的に活用できるようになりましょう。

広告

Bootstrap Studioのメリットについて

直感的なUI Bootstrap Studioは直感的なUIを備えておりWebページのデザインが簡単に作成することができます。

ビジュアルエディタが用意されているためコンポーネントをドラッグアンドドロップで配置したり

コンテンツを直接編集したりできるのプログラム未経験の初心者でも使いやすいソフトに作られています。

①自動生成されるコード

Bootstrap StudioはWebページをデザインする際に自動的にHTMLCSSおよびJavaScriptコードを生成します。

これによりデザインに専念することができます。

またコードの変更も可能であるためカスタマイズしたい箇所に手動で修正することもできます。

②ライブラリの提供

Bootstrap Studioにはコンポーネントやテンプレートを提供するライブラリがあります。

これによりWebデザイン初心者でも高品質なWebページを簡単に作成することができます。

またユーザーが提供するテンプレートやコンポーネントも使えるため自分で作成する手間を省くことができます。

③プレビュー機能

Bootstrap Studioにはプレビュー機能があります。

Webページの外観を確認しながらデザインを行うことができるため

修正が必要な箇所を早期に発見することができます。

④プラグインの拡張性

Bootstrap Studioにはプラグインがあります。

プラグインを使うことでBootstrap Studioの機能を拡張することができます。

たとえばコンポーネントのライブラリを追加するプラグインや

カスタムコンポーネントを作成するプラグインなどがあります。

Bootstrap Studioのデメリットについて

買い切りだが価格が高い Bootstrap Studioの価格は他のWebデザインツールに比べるとやや高めです。

  • Standard:29$ 
  • Lifetime :59$ (2023年12月時点)

2つ目はオンラインでの利用が難しいことがあります。

このため利用する際には必ずインストールする必要があり複数のデバイスで利用する場合には

複数のライセンスを購入する必要があるのもデメリットに挙げられます。

学習コストがある Bootstrap Studioは直感的なUIを備えているため使い始めるのは簡単ですが

Bootstrap Studioの高度な機能を利用するためにはコストが高めです。

広告

Bootstrap Studio無料版について

BootstrapStudio公式(引用):https://bootstrapstudio.io/

公式HPから無料版で操作感覚をつかむことができるので

購入を検討されている方ぜひ試しておいた方がいいでしょう。

操作に制限がありますがスタンダード版を試すことができるので

UIデザインの操作性やグリッドシステムなどの確認をしましょう。

まとめ

以上がBootstrap Studioのメリットとデメリットです。

Webデザイン初心者でも使いやすい直感的なUIや自動生成されるコード提供されるライブラリなど多くのメリットがあります。

しかし価格の高さやオンラインでの利用が難しい点学習コストの高さなどデメリットも存在します。

使用する前に自分に合ったツールか無料版で十分に検討する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました